デンタルケアについてQ&A

Q・犬にとって歯磨きがストレスにならない歯磨きの導入方法を教えてください。

A・専門家の回答

歯磨きの導入方法については、ネットで検索していただくと画像つきで詳しいやり方が書いてあるサイトがたくさんありますので、今このメールで文章だけでお伝えるするよりもわかりやすいと思いますから、それを参考にされると良いとおもいます。

せっかくご相談していただいたので、歯磨きの導入の進め方について、重要なポイントをお伝えします。まず、歯磨きをする上で重要なのは、口に触れることになれさせることです。わんちゃんにとって口に触ってもらうことが嬉しいと思えるようにするのです。

方法としては、口に触ったら、褒めてあげたり、おやつをあげたりするのを繰り返します。そのうち、口を触らせたら、ご褒美がもらえることを覚え、喜んで口を触らしてくれるようになります。最初は、口元に触れるだけで、慣れたら徐々に、唇をめくる→歯を触るとステップアップしていってください。それが出来るようになったら、ガーゼで歯を拭き取ってあげる練習をしてください。

いやがったら、やめて、すぐに褒美をあげてください。ガーゼに慣れたら、歯ブラシにかえて、少しずつ歯を磨く練習をしていってください。最初は短時間で、あくまでも慣らさせるのが目的です。慣れたら、少しずつ歯を磨く部位と時間を増やしていってください。

Q・6歳のGレトリバーは歯ブラシが嫌いです。歯石を取るのにうまくいきません。どうしたらよいでしょうか?

A・専門家の回‣

一度ついた歯石はなかなかなくすことは難しいです。もし、たくさん歯石がついていて、歯茎がはれていて、痛そうならば、一度、動物病院でスケーリングをしてもらうことをおすすめします。

スケーリングをする場合でも、しない場合でも、歯のケアは重要ですので、そのポイントについてお伝えします。歯ブラシをいやがるということですが、徐々に慣らしていくことが大事です。

最初は、歯ブラシを使うのでは無く、唇をめくって、めくらせてくれたら、すぐ褒美(おやつ)与えるというのを行ってください。そうすることで、口を触る=嬉しいことと認識するようになります。その後、手で歯をこする→ガーゼて歯をこする→歯ブラシとじょじょにステップアップしていっていください。

どんな時もすぐに褒美をあげて褒めることが大事です。それが、わんちゃんのモチベーションにつながります。ネット上に、歯ブラシの導入について詳しく書かれたサイトが多くあがってますので、わかりやすいものを参考になさると良いと思います。

Q・うちの猫は歯肉炎の疑いがあって、ペット用オーラルケアのスプレーを買いましたが、歯磨きは嫌がって逃げてしまいます。他に何か出来ることは有りますか?

A・専門家の回答

口内炎だと歯磨きはなかなか難しいです。ぺっとくすりさんで、デンタルフラッシュという、飲み水に1日1回いれるだけの液体歯磨きが売っているので、よかったら試してみてください。

水を飲まなくなる子も中にはいますが、口内炎が進行してきて、食欲が減ってきたら、お薬の内服が必要ですので、動物病院さんにご相談いただいたほうがいいと思います。

主に、ステロイド薬や、抗菌剤を使用します。ステロイド薬は、長期間使用すると、副作用も問題になってくるので、お薬で、なかなか口内炎が良くならない場合、再発を繰り返す場合は、外科的な処置(歯をぬく)必要がでてきます。それでも、10%くらいの子は改善しないこともあります。

まずは、なんとか、口内炎が悪化しないように、家でのデンタルケアを頑張ってみてください。口内炎用のサプリメントなども、効果は劇的ではありませんが、ネットでさまざまなものが購入できますので、効果がでれば儲けものという程度ですが、使用してみてもいいと思います。

それから、猫の混合ワクチンをうっていない場合は、口内炎の発症にもかかわっているともいわれていますので、うたれたほうがいいと思います。

Q・近所の野良猫口内炎か歯周病になっているようです。何かおすすめなお薬がありますか。

A・専門家の回答

もし、口内炎、歯周病でしたら、ステロイド+抗生剤で一時的に改善すると思います。

ぺっとくすりさんで売ってる、ワイゾロン(プレドニゾロン)5mgを、半錠を1日1~2回TOXO-MOX(250)10錠を、1/10錠を1日2回1週間くらいあげてみてください。

それでも改善しなければ、別の病気か、効いてないかのどちらかです。口内炎だった場合、薬の内服では、一時的に良くなりますが、完治するには、麻酔をかけて全抜歯が必要です。一時的に症状を改善してあげることはできますが、もしかしたら、劇的な効果は得られないかもしれません。ペットのお薬 フィラリア ノミダニ

023005a06c9bdb44befb800d4cdb0a9c.jpg

© 2019 by ペットのお薬. Proudly created with Wix.com